WEB集客で思うこと-愛媛県松山市千舟町の事務所より

松山でアフィリエイトをしながら、リアル実店舗での集客に活かせそうな情報を発信していきます。

カジュアルにブロックしよう【閑話休題】


スポンサードリンク

f:id:max694869:20170612164808j:plain

先日ブロガーさんのTwitterを見てると、こんなつぶやきをしてました。

おっしゃる通りだと思います。

Facebookのブロック機能は何も特別なものではありません。

いいねやコメント機能と同じように、誰にでも使える機能です。

だからどんどん使っていけば良いのです。

ブロック機能を「ブロック」してしまって、疲弊している人が多いので、今回は集客ネタから少し外れた内容を書いてみます。

 

目次

 

ブロックは全てのユーザーが使える機能

f:id:max694869:20170612164939j:plain

Facebookでブロックすることを何か特別なことと捉えている人が凄く多いです。

ですが・・・

Facebook側は、誰でもいつでも好きなように使える機能として提供しています。

コメントやいいね・シェアと同等の機能です。

しかし、ブロックすることを躊躇する人がものすごく多いです。

ブロックすることで人間関係が崩れると嫌だな…。

理由はこんなところです。

でも、FacebookしいてはSNSと言う空間をもう一度確認して欲しいです。

SNSは誰とでも簡単に繋がれます。

松山で言えば、

「大街道や銀天街で、片っ端から声をかけて友達になる」

これと同じなのです。

そもそも出会いの障壁が低いのですから、別れの障壁も低いはずです。

まずこのことを意識しましょう。

 

実生活以上に疲弊しないで

f:id:max694869:20170612165025j:plain

片っ端から友達になるのですから、中には価値観が合わない人や性格的に相容れない人がいてもおかしくないですよね?

友達になってみたけど、ネットワークビジネスの勧誘をしつこくしてくる

友達になってみたけど、やりたくもない株式投資の話をしつこくメッセージで送ってくる

蓋を開けてみたら、こんな人だった。

こんな人はどんどんブロックしましょう。

実生活・実社会では、嫌な人や相容れない人と上手にやっていく必要があるでしょう。

でも、SNSの世界はあなた自身であなたの好きな空間に仕上げることができます。

あなたがSNSの空間をどう使おうが、人に避難される言われはありません。

そして、あなたが不快と思う人に遠慮してブロックしなかったとして、状況が好転することは皆無です。

なぜなら、相手が変わることはありませんから。

あなたは自分の意志で我慢することが出来ても、他人はあなたが望んだように変化することはありません。

快適なSNSの環境は、快適な実生活につながります。

SNSで不満や不安を抱えると、実生活も悪化します。

SNSも実生活も、人間関係が作り出しているのですから、必ず連動します。

さらに、誰かを批判したり傷つけたりする人とつながっていると、自分にも伝搬します。

快適な実生活を送るためにも、自分が精神的に疲弊しないためにも、まずあなた自身のタイムラインが快適になるように整理しましょう。

 

ブロックしない方が危ない

f:id:max694869:20170612165051j:plain

さらに、ブロックしないことで、あなたをネガティブに捉えている人に、プライベートの情報が届き続けることになります。

変な男性から不快なメッセージが来たりネガティブコメントを付けられてブロックしたいけど、ブロックすると報復や嫌がらせが怖い…。

こういったケースが女性に多いですね。

しかしブロックしないと、変な男性にあなたの情報がずっと見られることになります。

新たな投稿から、あなたの行動パターンを読まれて、それこそリアルな事件に発展する可能性が高くなります。

リスク面を考えて、特に女性は不快な男性を一刻も早くブロックしてください。

楽観的な言い方かもしれませんが、Facebookで女性に絡んでくる男性で、実力行使に出てくるような胆力のある男性は殆どいません。

行動力や実行力は皆無で、SNS上でイキガッているだけです。

メッセージで嫌がらせをされたら、そのメッセージのスクリーンショットを撮影して、「これ保存しておきましたよ。」と返信してあげてください。

恐らく音信不通になります。

それに、嫌がらせをする男性は、いわゆる「下層」の人で失うものが無い自暴自棄な人だと思っていませんか?

絡んでくる男性のタイムラインを見ると、実は社会的にそこそこ地位があり家族もいる人が多いです。

他のユーザーから見えないメッセンジャーで絡んでくる男性は、人に見られたら困る背景があるので、そのような卑怯な手段に出るのです。

女性が毅然とした態度に出ると、そもそも胆力が無いので逃走します。

気持ち悪いと思いますが、嫌がらせをされたら、その男性のタイムラインを冷静に見てください。

きっと「小さい男だな…」と失笑できる心のゆとりが出てきます。

同性からの嫌がらせの場合でも、タイムラインを見ることはとても有効です。

嫌がらせをする相手にとっても、タイムラインはプライベート情報の宝庫なのですから。

 

参考

matsuyama-sns.hateblo.jp

 

おわりに

f:id:max694869:20170612165208j:plain

繰り返しになりますが今回お伝えしたかったのは、

ブロックは誰でも使える当たり前の機能

ということです。

ブロックすることで、相手は傷つきません。

しかしブロックしないことで、あなたは傷つくのです。

だから、カジュアルに軽くブロックして、快適な日常を送りましょう。

毎日肌身離さず持ち歩くスマホなのですから、楽しく便利にスマホを使って、SNSを満喫しましょう。

そして、あなたが嫌悪感を感じる人を、あなたの近くから排除してください。

 

お問い合わせはLINEにて受け付けております。

お気軽にLINEでメッセージを送ってくださいませm(_ _)m

友だち追加